Runtastic

時間や距離だけでなく、どのルートを走ったか地図で記録できるGPS機能付きスポーツ計測アプリ

runtastic(ランタスティック)は、ランニングやウォーキングの時間と距離だけでなく、GPS機能を使えばMAPでルートも記録できる無料の運動計測アプリです。ウォーキングやランニングを日課としている人や、これから始めようと思う人にも最適なアプリでしょう。 完全な説明を見ます

良い
7

runtastic(ランタスティック)は、ランニングやウォーキングの時間と距離だけでなく、GPS機能を使えばMAPでルートも記録できる無料の運動計測アプリです。ウォーキングやランニングを日課としている人や、これから始めようと思う人にも最適なアプリでしょう。

runtasticで運動の記録を残す前に、画面右上の設定ボタンから「ユーザーデータ」をタップし、名前、性別、国、誕生日、身長、体重を登録しておきましょう。登録しておくことで、どのくらいカロリーを消費できたかより正確にわかるようになります。メインメニューを右にスライドすると現在地が表示され、運動を始める前にGPS機能を有効にしておけば、移動したコースを記録することができるので、ぜひ活用して下さい。

runtasticを使って運動を始める際は、メインメニューの画面右下の「スポーツタイプの変更」でこれから行う運動の種類を選び、画面中央下の「ワークアウト開始」をタップして運動を始めましょう。「ワークアウト開始」にすると自動的にスマートフォンにロックがかかるので、誤ってどこかのボタンをタップしたりすることはなく、安心して運動に集中できます。休憩をする際は、画面下の鍵マークをタップしてから「一時停止」を、終了する場合は「停止」をタップしましょう。「停止」したら、当日のフィーリング、路面状態、天気を記入して「保存」をタップして記録を残して下さい。距離、時間、平均ペース、平均速度、高度、消費カロリー、ルートなどが表示されている記録は、メインメニューを左にスライドすれば閲覧できるので、「次はもっと頑張ろう」や「次回は今回と反対側のルートを走ろう」といった反省などに活用しましょう。

runtasticには、画面右上の設定ボタンの左隣に音符のボタンがあり、そこから音楽プレイヤーを直接起動して運動しながら音楽を聴くことができるので、運動のモチベーションアップにぜひ活用しましょう。ただし、運動中は常にスマートフォンを持っていないと正確な記録がでないので、運動時にはスマートフォンが落ちない軽いバックパックを準備すると良いでしょう。その他に類似するアプリには、ジョギング、ウォーキング、サイクリングなど14種類のエクササイズを測定してくれるRunkeeperがあります。そちらもぜひ試してみて、使い分けたり、どちらが使いやすいか比べてみてはいかがでしょうか。

runstaticは、運動の距離、時間、平均速度、高度、消費カロリー、ルートなどの詳しい記録を測定してくれるだけでなく、そのまま音楽を聴くこともできるる無料スポーツ計測アプリです。

iOS版はこちら

Runtastic

ダウンロード

Runtastic 5.3.4